DECAYED虫歯治療

痛みに配慮した虫歯治療

虫歯の原因について

虫歯の原因はプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊によるものです。

お口の中に残った食べカスの中の糖分を虫歯菌が分解して「酸」を出すことにより歯が溶かされます。

清浄作用を持つ唾液の分泌量が少ないと、虫歯菌が繁殖しやすくなります。

当院の治療について

CO(経過観察)の段階であれば、しっかりした処置をすることで歯を削らずに自然治癒(再石灰化)させることができます。

初期虫歯より進行してしまった時は、経過観察を続ける場合と治療に入る場合があります。

一般的に軽度だと治療をするのが普通ですが、当院では、なるべく削らない治療を一番に考えています

 

軽度の虫歯の場合、歯に穴があいておらず、他の歯も含めて虫歯のリスクが低い場合は進んで削る治療はおこないません。 虫歯予防をしながら経過観察を続けます。

虫歯の進行度

C1エナメル質う蝕

エナメル質がおかされ、小さな黒ずんだ孔があきます。自覚症状はなく、この段階では経過観察になる場合と治療する場合があります。

 

C2象牙質う蝕

象牙質まで虫歯は進行。歯髄に近づくにつれて冷たいものがしみ、痛みの自覚症状がでてきます。さらに進むと熱いものがしみるようになります。

 

C3歯髄に達したう蝕

虫歯が神経まで進行。炎症がおき、激しい痛みに襲われます。炎症が進行すると、神経は腐って死んでしまいます。

 

C4う蝕で歯冠が崩壊した状態

歯の根だけ残った状態で、とけてぼろぼろとなり、抜歯が必要となります。

 

無痛治療について

痛みに対する配慮について

いたくないからこわくない 「無痛麻酔システム」

麻酔における注射は、大人でも怖いものです。

しかし当院では、痛みの無い治療を目指しており、フルーツ味の表面麻酔ジェルや自動麻酔注入器などを導入し、麻酔時における痛みや違和感を軽減しています。

歯医者が苦手な方にも安心して治療を受けていただけるように、無痛治療を徹底しています。

 

自動麻酔注入器と表面麻酔

みょうでんfamily歯科では、痛みのない治療を第一に考えております。できるだけ痛みを和らげるための無痛治療をさまざまな形で取り入れてます。個人差もあるため、全く痛まないわけではないですが、痛みがきらい・怖いという患者様にはご好評をいただいております。

自動麻酔液注入器

自動麻酔液注入器

表面麻酔ジェル

表面麻酔

カートリッジウォーマー

ウォーマー

麻酔注射を行う際のチクッとした針の痛みを和らげるため、歯ぐきにジェル状の表面麻酔を行います。また、麻酔の針はできるだけ一番細いものを使い、麻酔時に起こる不快な圧力痛を軽くするため、コンピューター制御の電動注入麻酔器を取り入れてます。

また使用する麻酔液は、事前に麻酔用のカートリッジウォーマーで最も痛みの小さくなる温度に温めますので、麻酔時の痛みが和らぎます。

ページの先頭へ戻る

静脈内鎮静法(セデーション)

静脈内鎮静法

みょうでんfamily歯科では眠っている間に手術が終わります。特にインプラントなどの外科処置の際には、ご希望があれば行なうようにしています。

経験豊富な麻酔専門医の立ち会いのもと、点滴による麻酔液と生体情報モニタ(監視装置)を使用し、万全の体制で行われます。

このように、無痛治療には様々な方法がありますが、他にも、みょうでんfamily歯科では導入しておりませんが、BGMを流しながら行うリラックス治療、ジェット式噴流で麻酔液を噴射する針のない麻酔「シリジェット」など、様々な方法があります。

iPodやウォークマンなどの音楽プレイヤーのお持込みもお申し付けください。
※ 治療内容によります

無痛治療に対する研究や技術は、世界的にみて日本は進んでいると言えますし、痛みを和らげるコツやノウハウは長年経験を積んできた歯科医と経験の浅い歯科医とでは、痛みの感じ方もかなり違ってくると言われてます。

みょうでんfamily歯科では、治療の前に患者様が抱く不安をなるべく少なくし、痛みを和らげながら満足のいく治療を行えるように常に心がけております。

日・祝
9:00~13:30
15:00~19:00
(最終受付時間 18:30)
- -
10:00~13:00
14:00~18:00
(最終受付時間 17:30)
- - - - -

〒272-0111 千葉県市川市妙典 4-3-5 Partir 1F

ご予約・ご相談は

047-316-0648ゼロムシバ

 

当院へのご案内